私を助けてくれた看護師さん

私は小学2年生の夏休み、あろうことか耳の穴に小さなこがね虫が入ってしまいました。私は他の人よりも耳の穴が大きいらしく、この事件以前から両親にも言われていたのでした。

 

 

ある日の深夜0時ごろ、私は耳の穴が痛くて慌てて起きたのですが、まるで砂浜のザザっというような音が延々と続いていて、何が起こったのかわからない状態でした。私が大声で「痛い、痛い」と繰り返していると、両親や当時健在だった祖父母まで、みんなが起きだしてきました。

 

父が私の耳に懐中電灯の光を当てると、虫の足のようなものを発見し、私を含めみんなの表情が一変したのでした。光を当てられた虫は前へ進むしかなく、どんどん奥へ行くのが私にはわかりました。

 

看護師父と母は私を車に乗せ、耳鼻科まで向かってくれたのですが、時刻は深夜1時に近づいており、どこも閉まっていました。当然と言えばそれまでなのですが、3軒目に訪れた病院が奇跡的に明かりがついており、インターホンで母が呼ぶと、中から看護師さんが出てきてくれました。

 

医師の奥様でもある方なのですが、深夜、一人で勉強していたらしく、医師を起こして検診するよう頼んでくれました。細い吸引機のようなもので虫を取ると、出てきたのは小さなこがね虫でした。鼓膜に少しキズがついているとのことでしたが、もう少し処置が遅くなれば、鼓膜を貫通されて大変なことになっていたそうです。

 

 

あれからすでに数十年経ってしまいましたが、この看護師さんと医師には、今でもとても感謝しています。

 

ワキ毛の脱毛 婚活サイト 自動車保険 企業看護師 求人 即日審査に通るキャッシング